自然食レストラン「ばんまい」・有機野菜の八百屋「やさいの広場」の公式ブログ

本日のバナー
<< 今日は鍋の日。 | main | りんご達の競演 >>

「かりん」と「マルメロ」?

カリンがコンスタントに入荷し始めました。



同じバラ科で混同されやすいのが「カリン」と「マルメロ」。

「カリン」は中国原産でボケ属カリン、
一方「マルメロ」はペルシャ・トルキスタン地方原産で
マルメロ属マルメロとなり別種の植物です。
区別するためカリンは「本カリン」といわれることもあります。

両方とも強い芳香があり、カリンは熟すと果実が硬く、
渋みがあるため生食には不向きなので、
カリン酒やカリンシロップなどにするのがいいようです。
一方、マルメロは果実は硬いのですが、
ヨーロッパでは生食することもあるようです。

「みかん」もたくさん入荷し始めています。



みかん農家の方にお聞きしたおいしいみかんの見分け方は、
中玉で皮が凸凹しているけれど実が詰まっていて、
ヘタの枝がついていた部分が細いものがいいそうです。

僕の個人的な好みでは、小ぶりで酸味と甘みがしっかりあるものが好きです。
みなさんも好みのみかんを見つけてみてください。

ほかにも秋の味覚「さつまいも」「むらさき芋」「安納芋」「さといも」など
豊富に入荷しております。



今日のばんまい定食はこちら。
変な顔だけどおいしい!マナガツオが登場しています。




- | permalink | comments(3) | -

この記事に対するコメント

カリンとマルメロの違いってそうだったんですね。
今年ははちみつ漬けをしようとカリンを注文したんですが(ポランのお店に行けなかったのでよつ葉の宅配で)「これはマルメロではありません」って書いてあって、マルメロってなんじゃ?って思ってたところなんです。
とってもいいにおいですよね。
ああ、九鬼さんのみかんが食べたいです!!
五月丘 | 2007/11/09 9:12 AM
五月ヶ丘さん、
いつもありがとうございます。

実は僕も調べてみるまで
知らなかったんです(笑)
野菜や果物って「科」が一緒でも
「属」が違うとかなり違いがあります。

リンゴとイチゴが同じバラ科とか、
トマトとじゃがいもが同じナス科とか。
だからカリンとマルメロも
実際にはかなり違うんでしょうね〜。
一度食べ比べてみたいです。

九鬼さんのみかん!
僕も大ファンです。
酸味も甘みもしっかりしていて
味が濃いって感じがします。
個人的には小粒が好きです。

またばんまいに遊びにきてくださいね。
お待ちしてます。

スタッフ出口 | 2007/11/09 1:25 PM
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
履歴書の書き方 | 2014/08/27 9:16 AM
コメントする