自然食レストラン「ばんまい」・有機野菜の八百屋「やさいの広場」の公式ブログ

本日のバナー
<< 天高く | main | どんこまつり Crafts&Cafe >>

どんこまつり Workshop:ワークショップ

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★Workshop&Paformance
ワークショップ&パフォーマンス 
◎会場・・・すぺーすくるみ堂か外

※3件あるワークショップはすべて参加費300円を
 予定しております。
※参加申込みは当日で大丈夫ですが、興味のある方は
 事前にスタッフまで声をかけていただけるとうれしいです。

「こどもとおとなのてしごとくらぶ」
http://teshigotoya.jugem.jp/?eid=781

※「こどもとおとなのてしごとくらぶ」は猿澤先生の体調不良により
 中止になりました。楽しみにしていたみなさま申し訳ありません。
 かわりにデグチが「ミニティピを建ててみよう!」というイベントを
 やろうと思っています。


ワークショップ開催時間:12:00〜13:30
参加費:300円

こどものこころからうまれるものを
てをうごかして、楽しむ教室。
毎回、何がうまれるかは、内緒です。

手仕事屋のオープン当初からスタートした
こどものための工作教室
「こどものてしごとくらぶ」。

ということはすでに19年!!も続いている教室なんです。



先生はこどもたちの想像力を大切にする
OMONCHAN(おもんちゃん)こと猿澤先生。

OMONCHANがちょこっと魔法をかければ
どこにでもある、なんでもないモノたちが、
目をキラキラさせたこどもたちの手によって
素敵な宝物に生まれ変わっていきます。
その様子は見ていてとっても楽しい!!



その場所にあるものを使うのが
OMONCHAN流。
なので今回は会場に生えている「くるみの木」からとれるものを使って
お絵かき&染物をするワークショップを開催いたします。

さてさて、どんな作品が生まれるのか??
それは誰にもわかりません(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「木頭Days・山子屋」
http://zivasan.com/kitodays/
http://teshigotoya.jugem.jp/?eid=1313


ワークショップ開催時間:13:30〜15:00
参加費:300円


「木頭村(きとうむら)」は徳島県那賀郡那賀町、吉野川に続く
第二の長流「那賀川」の最上流部にある小さな山村です。

いまでも伝統的な生活や技術が色濃く残るこの地に、
10年以上前に移住した家族が「村の智慧を外に発信しよう!」
と始めたのが「木頭Days」という取り組み。



手仕事屋に新しく誕生したすぺーす・くるみ堂で
行った村の日常風景をうつした写真展や、
ばんまいのギャラリーで、山村留学のご紹介などしてきました。



どんこまつりでは木頭村の紹介とともに、
村のおじいちゃんがこどものころに遊んだ手作りおもちゃを
作るワークショップを開催します。

このワークショップが面白いのは、村のおじいちゃんから
おもちゃの作り方を伝授された村のこどもたちが
都会のこどもたちへの作り方を教える!ということ。
つまり講師を務めるのは村のこどもたちなのです!



現地からのお便りによると、こどもたちは
ただいま必死に技術を習得中なのだとか(笑)

当日は「突きデッポウ」と「小枝の鉛筆作り」を行う予定です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「自作堂」・・・大工仕事体験ワークショップ
http://himawari-home.com/jisakudo.html

ワークショップ開催時間:15:00〜16:30
参加費:300円

今年5月から9月に渡って、手仕事屋駐車場入り口の
風車の隣で、「自作堂 」が開催されました。



素人10人が協力して、ホゾやホゾ穴を繋ぐ「伝統工法」を学びながら
3畳の小屋を建てました。
スタート時点ではのこぎりをほとんど触ったことがない、
という方でおられましたが、回を重ねるたびに道具の使い方が
上手になって、終わる頃には玄人はだし(それはないか)の
表情になっていました。

どんこまつり当日はこの小屋の見学会と自作堂の写真展示、
少しだけ残してある壁の仕上げを行います。

また、おまつりに参加されたで希望者に
大工道具を使ってもらったり、端材で小物を作ってもらう
ワークショップを開催します。



なにを作るかは参加者次第ですが、
「家を建てるぞ!」と意気込む方には物足りないと思いますので(笑)
そういう方は工務店の年間自作堂に、ぜひご参加くださいませ。

工務店の「年間自作堂」の詳細はこちら。
http://himawari-home.com/jisakudo.html#nankan

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★授乳・休憩 & 紙芝居

本と遊ぼう!「へのへのもへじ文庫」

「どんこまつり」のなかでまだご案内できていなかったのが、
手仕事屋とともの歩んで十数年、
おまつりのときはいつもとってもご協力いただいている
「へのへのもへじ文庫」があります。

駐車場の奥に描かれた、存在感たっぷりの地獄のそうべい。




シャッターが開けばその中は、壁という壁に収納されたたくさんの本!本!
しかもチョイスがすごい!子どもから大人まで読み出すと止まらない
魅力的な本がたくさんあります。

毎週金曜日は文庫の日。
オープンの2:30が近づくと、常連の子どもたちがワイワイ集まってきます。
みんなのお目当ては本の読み聞かせや紙芝居師りえさんの
こわ〜かったり、がははとおもしろかったりする紙芝居。
おまけにおいしいおやつ(笑)

そして月に一度はいろんな遊びの名人さんがやってきて
あんな遊び方やこんな遊び方、人生の遊び方??(笑)を
懇切丁寧に伝えてくれるのです。

今日、29日はその遊び名人の日!
きてくれるのは「柴田よしみ」さん。
ハロウィーンコースターを作るようですよ。



その後はみんなで仮装をして、毎年恒例ハロウィーン行列が
八百屋とレストランを巡ります。
トリックorトリート〜!!

どんこまつり当日はこどもの遊び場として、
またお母さんたちの授乳、休憩所として開放してくれます。



  どんこまつり | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする