自然食レストラン「ばんまい」・有機野菜の八百屋「やさいの広場」の公式ブログ

本日のバナー
<< 飛鳥の都に空き家あり。 | main | 今日のばんまい定食。 >>

土井さんの「オーストラリア オーガニッ記」

オーストラリアのパーマカルチャーヴィレッジや
コミュニティなどをWWOOFERとしてまわっている
土井さんから、久しぶりに「オーガニッ記」が届きました〜。
今回はデジカメの調子が悪いということで写真がありませんが、
内容は濃くなっていますよ!必見です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんにちは。

わたしのいるクイーンズランド州(オーストラリアの7つの州のひとつで、
北東部に位置する2番目に大きい州)は春が近づき、
朝晩も暖かくなってきました。
春になるといろんな花が咲き始めるので楽しみです!
ヘビも活動的になる季節。
冬眠から起きおなかもすいているヘビたちが、
獲物を探して畑にもやってきます。
足元気を付けないと…

わたしはMaplton(メイプルトン)から北へ車で一時間ほどの
KinKin(キンキン)という小さい町に移動しました。
ホストは5人の子供を持つ大家族。

畑は広くはないけど、数々の種類の野菜を所狭しと育てています。
その数およそ30種類。
わたしも種蒔きや、さやえんどうやレタス、
ブロッコリーの苗を植えたりしました。

このホスト宅ではミミズファームを作っています。
ミミズファームとは、適当な大きさのボックスにミミズの餌となる
野菜や卵の殻、落ち葉、紙などを入れ、ミミズを飼うものです。
ミミズはこれらを食べ糞をすることにより分解し、有機物を作ります。
そして底に穴を空けて水を出し、中に空気が入るようにします。
ここから得られるミミズ水は栄養満点!
これを水で薄め、肥料として野菜畑などに使います。
こうすると肥料も自分で作ることができますね。

さて、この家族の食事ですが、ベジタリアンで、
また家族の何人かがアレルギーのため牛乳やチーズ、小麦粉も食べません。
(パンをよく食べる習慣のあるオーストラリア人は、
グルテン(小麦粉などに含まれるたんぱく質の一種)アレルギーが比較的多い。)

主食はパン、オーツなどを避け、米、米粉やそば粉、クスクス、
パレンタ(とうもろこしの粉)、芋類などを食べます。
キャッサバ、じゃがいも、クズウコン、里芋なども作っていて、主食に使います。
たんぱく質は豆や卵、ゴマなどからとります。
近くでとれたおいしい野菜を中心に、シンプルに調理されたお料理は
本当においしいなぁと改めて感じています。

この家庭では基本的に野菜と果物は彼らの野菜畑からとりますが
(バナナの木は60本!)、他に必要なときは、Gympie(ギンピー)という
隣町にあるマーケットから近辺でとれたオーガニックの野菜を
毎週火曜に宅配してもらいます。

また米、ナッツ、調味料類もなるべく地域のもの、オーガニックのものを
注文して宅配してもらいます。

これによって、スーパーに買い物にいくより、
/形
安い
0汰瓦平べ物が手に入り、
ぅソリンの無駄が少なく、環境にも優しい
というわけです。

彼らはこのシステムを隣町からではなく、Kin Kin内でやれるようにしたいと
考えています。
この町の人にとってよりよい食べ物を手に入れる形を作りたいと願う彼らは、
今はまだスタート地点だと言い、すごく楽しみながらトライしています。
ビジネスとして考えるのではなく、本当に人や環境のことを考えている
彼らからすごく刺激を受けています!

今回はデジカメの調子が悪かったので写真がないのですが、
またミミズファームなど他のホストの家で写真を撮れたら載せますね。


  「オーストラリア・オーガニッ記」 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする