自然食レストラン「ばんまい」・有機野菜の八百屋「やさいの広場」の公式ブログ

本日のバナー

味噌作り講習会開催!!

 
さー!皆さん!みそ仕込みの季節になりました。

味噌作りもうすみましたでしょうか?


まだの人、はじめてのひと、これからの人に講習会のお知らせです。

手仕事屋のオーナーシェフ山田さんによるスペシャル講習会!!

各日とも10名限りなのでお早めにどうぞ!!

ちなみに去年のみそはめっちゃおいしかったです。良太



青野菜入荷中です。









節分・豆まき

鬼のお面がキュート。

今年の鬼役はもう決まりましたでしょうか?

国産、有機煎り豆、そのまんま食べてもおいしい!!



  「味噌仕込講座」WS | permalink | comments(0) | -

本日開催!土恋処のお味噌作り教室

 今日は、寺ちゃん農園と、ありがとんぼ農園が、
朝市に、来ています。
寺ちゃん農園は、焼いもをしてくれています。
そして、土恋処農園は、味噌作り講習会をしています。
        
        味噌作り講習会

こんな感じで、味噌作り講習会やってます!!

 ↑  皆さん楽しくやっておられます。
 ↓

これは、糀(こうじ)を混ぜているところです。

こちらが、先生の中村さん。

本日の、ばんまい定食。
魚は、カレイの煮付けで、お肉は、酢豚です。

  「味噌仕込講座」WS | permalink | comments(0) | -

本日より「店内全品一割引セール!!」開催しております。

2月26日、27日、28日の3日間、
やさいの広場では毎月恒例の

「店内全品1割引セール!!」

を開催しております


今日はあいにくの雨・・・。ですが、やさいの広場では
野菜、加工品ともに豊富な品揃えでお待ちしております!

さすがに「フィギュア・スケートの間は家から出られないよ〜」
という方も多いかもしれませんが、終わったらご来店くださいませ(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日行われたお味噌仕込み講習会のご報告です。

当日はまるで春のようなポカポカ陽気。
お味噌仕込みの雰囲気でないな〜とは感じるものの、
あたたかいとやっぱり作業しやすいです。

今回の講習会も外で行われることになりました。

朝から薪で蒸していたお豆もふっくらと火が通り、
あとは講習会参加者を待つばかり。
そしてこられた女性お二人が、早速臼と杵を使って
豆をつぶしていきます。





「杵が重い〜!」と叫びながらも
どんどんつぶしていくお二人。素晴らしい〜。
今年はお餅搗きにも参加してくださ〜い。



途中からは参加者も全員揃い、
みんなでワイワイとお味噌を作っておられました。
講師の山田もたくさんの女性と子供に囲まれてうれしそう。



小さなお子様もがんばってましたよ〜。
粘土遊び感覚かな?



お味噌は材料も作り方もシンプルなので
初めての方でも一度講習に参加して覚えてしまえば
次のからはご自分で仕込むことができます。

講習会はまだ残り3回ございますので、
興味のある方はぜひご参加ください。

下記はご案内です↓

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「お味噌仕込み講習会」のお知らせ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎2月28日 
講師:中村(土恋処農園・綾部)

お子様もご一緒に、ご家族で
味噌仕込みをしてみませんか?

ファーマーズ・カミング・デイでおなじみの土恋処農園の中村さんが講師。

中村さんは、自然農法で10年以上お野菜やお米を作られている農家さんです。
自然農法の田んぼは普通の田んぼとはちょっと違います。
普通の田んぼはドロドロで、足がはまって動けない〜というイメージですが、
自然農の田んぼは靴でも歩けてしまいます。

今回の味噌仕込みに使う糀は中村さんの手作り。
お豆も自然農法で育てた青大豆を使います。

それにしても土恋処の味噌は本当においしい!!
同じ材料を使っても、なかなか同じ味になりません・・・。
うちの子はお父ちゃんが仕込んだ味噌より、
土恋処の味噌のほうがお気に入りで・・・(涙)

人についている菌が違うといううわさもチラホラ。
その秘密を聞いてしまいましょう。

使用材料:
土恋処農園産青大豆「小糸在来」(無農薬・無化学肥料)
自家製米」(無農薬・無化学肥料)の麹
自然塩「手塩」

費用:5250円 味噌・3キロ込み。
※500gあたり:875円

・たくさんの量で仕込んだほうがおいしくなる、ということで
参加者全員で一樽仕込み、一度土恋処に持ち帰って
一年熟成させてからお渡しします。
送料は別途いただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎3月 3日 
講師:山田久(ばんまいシェフ)

ばんまいシェフ・山田が、秘伝?の味噌作りを教えます。
使用するのは有機の大豆や有機の糀。
糀が多目で甘めの味噌を仕込みます。

大豆は薪と羽釜で炊いたもの。
ふっくらと炊き上がったお豆はつまみ食いがとまりません(笑)

費用:3000円 味噌・2キロ込み。
※500gあたり:750円

使用材料:有機大豆・有機白米麹(または玄米麹)・自然塩

・当日お持ち帰りしていただきます。
・2キロ入る瓶など、容器をお持ち下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎3月14日 
講師:岡村(ありがとんぼ農園・和田山)

お子様もご一緒に、ご家族で
味噌仕込みをしてみませんか?


こちらもファーマーズ・カミング・デイでおなじみの「ありがとんぼ農園」。
ありがとんぼの岡村君の味噌に対する情熱は並大抵ではありません!!
味噌用の大豆を炊くために巨大な鉄の羽釜を購入。
家を改装して味噌仕込みの作業場を自分で作り、
家の中もお構いないし、薪の煙にまかれながら
強い炎で一気蒸しあげます。

こだわりはこれだけではなく、
なんと樹齢100年の臼と杵でつぶして味噌に仕込みます。
講習会当日もこの「臼と杵」を持ってきてくれますよ〜。

岡村君は農家とは思えない面白トークも魅力です(笑)
楽しい講習会になると思いますので、ぜひご参加ください。

費用:6800円 味噌5キロ込み。
※500gあたり:680円

使用材料:
ありがとんぼ農園産大豆(無農薬・無化学肥料)
自家製米(無農薬・無化学肥料)の麹
自然塩「手塩」

当日お持ち帰りの方・容器持参で600円引き。
ありがとんぼ農園で熟成・保管をご希望の方はプラス1000円(送料込)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それぞれ仕込むキロ数が違いますのでご注意ください。

それぞれ、有機大豆や有機麹、無農薬・無化学肥料の大豆や麹など
材料のよさにこだわっています!!
みなさまのご参加をお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さてさて、最後に本日のばんまい定食をご紹介。

お魚は春らしい桜色の「連子鯛の煮付け」。
お肉は「ビーフシチュー」となっております。







そして2時以降の「ばんまい・で・カフェ」。
本日のケーキは・・・・・



あ〜!写真を撮る角度を間違えてしまいました!
ちょっとみにくいですが、本日のケーキは

「モカチョコシフォンケーキ」
「甘酒と干しアンズのシフォンケーキ」
「抹茶プリンと豆腐白玉あずき添え」

です!どんどん内容が増えてきましたねえ。
お客様からリクエストを頂いたので、卵や乳製品を使用しない
ケーキなども登場してくる予定です。

また、今日は日曜日限定で販売している
国産小麦、天然酵母にこだわったパン屋さん
「パン工房ブラウン」さんの

「ブラウニーフルーツ添え」

が登場しております。
日曜日に販売しているパンもとても好評で
売り切れる日も多いですので、
パンが食べてみたい!という方はお早めにご来店ください。




  「味噌仕込講座」WS | permalink | comments(0) | -

「味噌仕込講習会」 第一回目

今日は「味噌仕込講習会」第一回目が開催されます。
本日の講師はばんまいシェフであり手仕事屋オーナーでもある
山田久が担当します。

朝から羽釜やかまどを準備して、薪に火をつけ大豆を蒸します。
薪の焼ける香ばしい香りとパチパチと爆ぜる音を聞いていると
ここが街中であることを忘れてしまいそうです。





大豆の写真を撮るときに布をめくるのを忘れてました・・・(汗)。
いまいち臨場感がありませんが、蒸しが上がり始めています。

蒸しが上がったら上下のセイロを乗せ変えて
たまに上下を入れ替えながら、講習がはじまる1時まで
蒸し続けます。

蒸しあがったら羽釜に溜まった汁を適量加え大豆をつぶしていきます。
本日の講習会では、大豆をつぶすのに「石臼と杵」を使います。



さてさてどんな味噌が出来上がるのか、楽しみです。

本日の講習会は締め切らせていただいておりますが、
2月28日、3月3日、3月14日にも講習会を行います。

こちらはまだ予約が可能ですので、ぜひご参加ください。
お待ちしております。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「お味噌仕込み講習会」のお知らせ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎2月28日 
講師:中村(土恋処農園・綾部)

お子様もご一緒に、ご家族で
味噌仕込みをしてみませんか?

ファーマーズ・カミング・デイでおなじみの土恋処農園の中村さんが講師。

中村さんは、自然農法で10年以上お野菜やお米を作られている農家さんです。
自然農法の田んぼは普通の田んぼとはちょっと違います。
普通の田んぼはドロドロで、足がはまって動けない〜というイメージですが、
自然農の田んぼは靴でも歩けてしまいます。

今回の味噌仕込みに使う糀は中村さんの手作り。
お豆も自然農法で育てた青大豆を使います。

それにしても土恋処の味噌は本当においしい!!
同じ材料を使っても、なかなか同じ味になりません・・・。
うちの子はお父ちゃんが仕込んだ味噌より、
土恋処の味噌のほうがお気に入りで・・・(涙)

人についている菌が違うといううわさもチラホラ。
その秘密を聞いてしまいましょう。

使用材料:
土恋処農園産青大豆「小糸在来」(無農薬・無化学肥料)
自家製米」(無農薬・無化学肥料)の麹
自然塩「手塩」

費用:5250円 味噌・3キロ込み。
※500gあたり:875円

・たくさんの量で仕込んだほうがおいしくなる、ということで
参加者全員で一樽仕込み、一度土恋処に持ち帰って
一年熟成させてからお渡しします。
送料は別途いただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎3月 3日 
講師:山田久(ばんまいシェフ)

ばんまいシェフ・山田が、秘伝?の味噌作りを教えます。
使用するのは有機の大豆や有機の糀。
糀が多目で甘めの味噌を仕込みます。

大豆は薪と羽釜で炊いたもの。
ふっくらと炊き上がったお豆はつまみ食いがとまりません(笑)

費用:3000円 味噌・2キロ込み。
※500gあたり:750円

使用材料:有機大豆・有機白米麹(または玄米麹)・自然塩

・当日お持ち帰りしていただきます。
・2キロ入る瓶など、容器をお持ち下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎3月14日 
講師:岡村(ありがとんぼ農園・和田山)

お子様もご一緒に、ご家族で
味噌仕込みをしてみませんか?


こちらもファーマーズ・カミング・デイでおなじみの「ありがとんぼ農園」。
ありがとんぼの岡村君の味噌に対する情熱は並大抵ではありません!!
味噌用の大豆を炊くために巨大な鉄の羽釜を購入。
家を改装して味噌仕込みの作業場を自分で作り、
家の中もお構いないし、薪の煙にまかれながら
強い炎で一気蒸しあげます。

こだわりはこれだけではなく、
なんと樹齢100年の臼と杵でつぶして味噌に仕込みます。
講習会当日もこの「臼と杵」を持ってきてくれますよ〜。

岡村君は農家とは思えない面白トークも魅力です(笑)
楽しい講習会になると思いますので、ぜひご参加ください。

費用:6800円 味噌5キロ込み。
※500gあたり:680円

使用材料:
ありがとんぼ農園産大豆(無農薬・無化学肥料)
自家製米(無農薬・無化学肥料)の麹
自然塩「手塩」

当日お持ち帰りの方・容器持参で600円引き。
ありがとんぼ農園で熟成・保管をご希望の方はプラス1000円(送料込)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それぞれ仕込むキロ数が違いますのでご注意ください。

それぞれ、有機大豆や有機麹、無農薬・無化学肥料の大豆や麹など
材料のよさにこだわっています!!
みなさまのご参加をお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
また本日は2Fギャラリーにて開催さている

「頭耕堂書店」の最終日です。

もうすでにかなり売れてしまいましたが、
まだまだおもしろそうな本がたくさんあります!
ビビッとくる一冊を探しにきてくださいね。







「頭耕堂書店」は、おかげさまでとても好評をいただきましたので
年に2回程度、定期的に開催していこうと考えております。
次回の開店は秋になる予定です。
お楽しみに。

  「味噌仕込講座」WS | permalink | comments(0) | -

味噌仕込み

ばんまい・やさいの広場では、毎年お店で扱っているお味噌の生産者である
やさか共同組合から講師の方に来ていただき「味噌仕込み講習会」を
行っています。

今年の講習会は2月18日(月)。
というわけで今日は講習会で使う「大豆」を朝から蒸しています。
通常は弱火で2〜3日程度コトコト長時間炊くのですが、
講習会に使う豆は量も多く、時間もかかるのでので「今年は蒸してみよう!」
ということになりました。

まずは乾燥大豆を一晩水につけ戻します。



乾燥した大豆はなんと2〜3倍にまでかさが増えるので、
浸ける水はたっぷり入れておかないと豆がはみ出てしまいます。
だいたい3倍ぐらいの量入れておけば大丈夫でしょう。



戻した大豆はいったん水から上げ蒸篭に移動します。
最初にしっかり洗って、そのまま炊く方もおられますし、
そのへんはお好みでいいかと思います。

大豆の蒸し方はもち米とまったく同じ。
蒸気が均一に回るように真ん中をすこしくぼめて、
たっぷり水の入った釜にセットします。





ガスで炊くための釜もあるのですが、オーナーの「資源を有効利用しよう!」
という考え方から薪には建築廃材を使います。
ガスに比べ火力が強いので蒸しあがるスピードが全然違います!

朝から蒸し始め、薪を絶えずくべながら蒸し続けること4時間。
こちらがいまの大豆の状態です。



蒸篭のふたをとると、白い蒸気がブワッと吹き上がり・・・



あたり一面にあま〜い香りが広がります。
そして現れたのがふっくらと蒸しあがった大豆たち。



この状態で食べても十分おいしい!というかめちゃうま!!
ここでつまみ食い・・もとい味の確認ができるのは
蒸し担当者の特権ともいえますね、うむ。

さて、この大豆がどのような味噌に仕上がるのか、
いまから楽しみですね〜。


  「味噌仕込講座」WS | permalink | comments(0) | -