自然食レストラン「ばんまい」・有機野菜の八百屋「やさいの広場」の公式ブログ

本日のバナー

3年目の「里山きのこ学校」

きのこってどうやって作るんだろう?
という疑問を解決すべく、元しいたけ農家の山田オーナーを校長に 
山を開拓し、木を倒すところからはじめた「里山きのこ学校」。
原木椎茸は2年目からしか収穫できないため、
えらく長いスパンのイベントをやってしまったものだと思っていましたが、
やってみると早いもので、あっという間に3年目の収穫を迎えています。

こちらの写真はちょっと傘が開いていますが「原木なめこ」です。





きのこってスーパーでパック詰めされているものは
よく見ますが、実際に作ってみると「これは大変だ!!」と実感します。

10mを超える木を倒すのはまさに命がけ。
バリバリバリ〜っと音をたてて倒れる際には
「逃げろ〜!!」と叫びながらできるだけ遠くへ離れます。

それをホダ木にするため90cmに玉切りし、
10000個!!を超える菌の駒を前にしながら
いつまで続くのかわからない穴開け作業・・・。

菌を植えたら植えたで、山の斜面を丸太を抱えて歩かなければなりません。
はあはあいいながらホダ木を鎧伏せし終わったときには
全身に疲労を感じながら、ここまでやったという達成感と
こんなしんどいこと二度とやりたくないな、という気持ちに襲われます。

でも、でも。

収穫を迎え、原木のそこらじゅうから顔を出すしいたけを見たときの感動。
それを実際に収穫し、その場で焚き火で炙って食べたときにおいしさ。

「きのこ栽培、やってよかった〜!!」

と、心からそう思う瞬間です。
そして同時に、原木できのこを栽培している農家さんへの
感謝の気持ちが溢れてきます。

自分たちが都会できのこ栽培できるかといわれれば
原木もないし、スペースもないです。
でもこうやって体験を通して、おもしろさや苦労を知るということは
重要だという気がします。

今年は山の木を切り終わったので里山きのこ学校は開催できません。
次にその山できのこ栽培できるのは木が再び育つ約20年後!
3年があっという間だったのだから、20年もあっという間なのかも
しれませんね(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、八百屋さんにはおいしそうな大根と



ビッグサイズの京芋が入荷しております。



年末が近づいて来ているのを感じますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、それでは本日のばんまい定食です。
ちなみに「なめこの大根おろし和え」のなめこは
最初にご紹介した里山きのこ学校のなめこです。










  里山きのこ学校 | permalink | comments(0) | -

きのこのこのこ豊作です!!

ここ数日寒いですね!!
水曜日の夜に綾部にいっていて、
その帰りに能勢を通ったのですが、
道沿いにの電光掲示板でみた気温がなんと「−4℃」!!
路面凍結したらどないしよ〜と思いながら帰ってきました。

同じく綾部で一緒だった土恋処農園の中村さんからは
帰りの途中からなんと吹雪になり、
翌日は雪が10cmも積もったそうです。
但東町でも11月に雪が積もるのは珍しいとのこと。
今年の冬はどうなってしまうのでしょうか??
う〜防寒対策を急がねば!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さてさて、寒くなるとおいしくなるのが「きのこ」!!
去年の春に「里山きのこ学校第一期生」のみなさんが植えた
椎茸、なめこが収穫のピークを迎えています。
こちらが数日前の収穫。
まずは「なめこ」。





おわ〜、こんなに大量のなめこを見たのは初めてだ!!
これでも全収穫量の三分の一ぐらい。
ちょ〜っと収穫が遅れてしまったので
傘が開いているのものも多いですが、
歯ごたえ、香り、粘りもしっかりあっておいしいです。
なめこ汁や鍋には最高です!

そしてこちら。
きのこといえば「椎茸」」でしょう!





う〜ま〜そ〜です。
一気に寒くなって灯油ストーブを出しているので
上で炙って、しっとりとしたところで柚子を絞って、醤油で・・パクっと。
ああああ、お腹が減ります。

椎茸は今年の冬収穫したあと、来年の春に大量に出て、
その次の秋が最大のピーク、となが〜く楽しめます。

実はこの「里山きのこ学校」、第三期生も募集することになりました!
来年の春からスタートします。
第一期、第二期の学校の様子はこちらをごらんください。

里山きのこ学校

興味のある方は手仕事屋「ばんまい・やさいの広場」デグチまで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて遅くなりましたが本日のばんまい定食です。
「さばふぐ」はサバ?それともフグ?というご質問を受けましたが
正真正銘の「フグ」です。
これらのフグは全身無毒なんだそうです。
食感はやっぱりフグで、モチモチプリプリとしておいしいです。






  里山きのこ学校 | permalink | comments(0) | -

きのこのこのこ

里山きのこ学校、一期生、二期生のみなさま!
ついにきのこの季節が近づいてきましたね〜。

一期生の方は去年の春に仕込んだ「原木椎茸」が
11月ごろから収穫できる予定です。
原木椎茸は収穫までに2年かかるので、
イベントの期間としては長すぎるかな〜と思いましたが、
過ぎてみればあっという間でしたね。
昨日、山田校長が様子を見にいったところ、
細い木からはすでに椎茸がニョキニョキと!!









まだ一番最初の段階なので数もすくなく、
みんなで収穫!というわけにはいきませんが、
11月に入れば芽の様子をみながら、
収穫祭&椎茸バーベキューができそうですよ!
詳細はまたご連絡させていただきます。

さて、こちらはきのこ学校二期生が仕込んだ「きくらげ」。



乾燥のものはよくみますが、生きくらげって初めてみたかも。
自分で作ったのだから国産でしかもこれ以上ないぐらい
素性がはっきりしていますよね(笑)
肉厚でプリプリ、ずっしりとしています。



こちらは二期生のみなさんで山分けです。
中華炒めや春巻きの具、スープなんかに良いと思います。
きくらげはどうも中華料理に合うようですね。

あ〜原木椎茸、楽しみですね〜。早く焼き焼きしたいなあ。
僕も気合いれて羽釜と薪でご飯たきますからね!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、やさいの広場には早々とこちらが入荷しております。
香川県、さぬき有機から届いた「有機早生みかん」です。



見た目はまだ青く、味も酸味が強いですが
すっぱいみかんが好きな方にはたまらないと思います。
これからどんどん甘くおいしくなってくるでしょう。

そしてリクエストの多かった「有機バナナ」も
今日は少し多目に入荷しました。
バナナダイエットの影響・・・ではなく(笑)
船のトラブルで入荷が遅れていました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後に本日のばんまい定食はこちら。
山田オーナーお得意の二品「タラのフライ」と「ビーフカレー」が揃い踏み。
さ〜どっちにするか迷いまSHOW!





  里山きのこ学校 | permalink | comments(0) | -

「里山きのこ学校」臨時開校のお知らせ。

里山kのこ学校からのお知らせです。

4月15日(火)16日(水)17日(木)の3日間、
里山きのこ学校が臨時開校されます。

まだしいたけ菌が残っているので、それを植える作業と、
なめこ、まいたけ、きくらげを植える予定です。

参加費は一人500円と、交通費として一人200円の合計700円です。

参加をご希望の方はやさいの広場、出口までご連絡ください。
里山きのこ学校の模様は「カテゴリ」の中の「里山きのこ学校」を
ご覧ください。よろしくお願い申し上げます。
  里山きのこ学校 | permalink | comments(0) | -

「里山きのこ学校」3日目のご報告。

ただいま開催中の「里山きのこ学校」二日目の様子をご報告します。

1回目が晴れ、雨、雪、吹雪とコロコロと天気が変わる中、
なんとかスタートした「里山きのこ学校 第二期」。
参加者は少なかったもののスムーズに作業が運んだ2回目を経て、
今回が3回目。

3回目はとても穏やかな天気の中での作業となりました。
参加者は子供大人合わせて総勢13名。
「ばんまい」でヨガ教室を開いてくれているルビーと
アメリカから来日していたルビーのボーイフレンドも参加してくれました。

今日の作業はお子様でも安心して参加できる「菌植え」がメイン。
写真に写っているのが、山田さんが購入した「しいたけ菌」です。
シート状になっているので、みんなでポコポコとはずしていきました。
それを籠などに入れて山に持ってあがります。



第一期のときは木の栓に菌を植え付けたものを使用したのですが、
今回はオガクズに菌を植え駒のようにしたものを使います。

そのころ山の上では山田さんが自慢の「椎茸ドリル」と
秘密兵器の「発電機」を使って、ホダ木に菌を植える穴を
どんどんと空けていきます。その作業が早いのなんの!!

椎茸ドリルはホームセンターでうっているようなものと違う特別仕様。
なんと回転数が10000回転!!!!
チュイーーーン、シュババババという音とともに、
ホダ木があっという間に穴だらけになっていきました。



さあ、この山田さんの勢いに、山のあちらこちらに倒して置いてある
ホダ木を集めてくるメンバーは必死です。
平日ということもあり参加者はほとんど女性。
でもきのこ学校に参加してくれるような方は泣き言は言いません!
そこそこの太さの丸太でもみんなで運びます。



でもどうしてももてないような太さ重さのものもあります。
と、ここでルビーのボーイフレンドの通称ゼっちゃんが大活躍!!
「おりゃー!!どりゃー!!」とばかりに木を集めまくります。



と、汗だくのゼっちゃんの横でこんなに余裕の方も。(笑)



できる範囲でできる作業をするのがきのこ学校の良いところ。
とはいうもののちょっと余裕すぎへんか〜この笑顔(笑)

穴が空いたホダ木は菌植え班のもとへ運ばれます。
ここでお子様が大活躍!空いた穴に菌を差し込んでいくのは
結構面白いんですよね〜。最初はみんな夢中になります。







まあ、これが何千個になってくると話は別ですね。
子供はすぐ飽きる、大人はみんな無口になって黙々と作業・・
毎回こういうパターンになるのですが(笑)

今回も現地で薪でご飯を炊いてお味噌汁を作り、
みんなでわいわい言いながら食べました。
大変な作業のあとでも、ごはん食べたらみんな笑顔。
午後からの作業に向かう力が湧いてくるんですね。
食べ物の力ってすごいな〜とつくづく思います。

という感じで3回目のきのこ学校も無事終了。
今年の作業もあとすこしで終わりです!がんばるぞ!!







  里山きのこ学校 | permalink | comments(2) | -